心がジリジリする…!『3月のライオン 13巻』読了レポ!※ネタバレあり※

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

主人が3月のライオンの最新刊を買ってきてくれるという神プレーを見せてくれたので、早速ですがレポしますね。

1、『3月のライオン』とは

『3月のライオン』(さんがつのライオン)は、羽海野チカによる日本の漫画作品。将棋を題材としており、棋士の先崎学が監修を務める。
出典:3月のライオン

『ハチミツとクローバー』でお馴染みの「羽海野 チカ」先生の作品。

現在も『ヤングアニマル』で絶賛連載中です。

最新刊はこちら

将棋を軸に、様々な人間模様を描いている作品
コンサル妻
将棋の描写は多いですが、初心者にも理解しやすい内容になっています。
コンサル妻
でもやっぱりメインは、将棋に関わる人々の人間模様や心理描写といえるでしょう。
ここから先はネタバレ含みます

2、林田先生とあかりさんの恋愛模様はいかに…?

夏祭りでコケそうになったあかりさんを助けて以来、ずっとあかりさんのことが気になってしまっている林田先生。

しかし、自分の憧れている島田八段もあかりさんが気になるようで…?

この二人の対決やいかに…?

コンサル妻
ライバルがいるからって、そのライバルが強敵だからって、それは「好きな人を諦めていい理由」にはならないよ~!林田先生がんばれ…!

3、一方のあかりさんは父親のせいで人を信じられないでいる…?

誰かと触れ合って助けてもらうことを純粋に喜びたいのに、どうしても父親の酷い仕打ちを思い出してしまうあかねさん。

そんな彼女の心を溶かすのは林田先生なのか、島田八段なのか?

はたまた別の第三者なのか…?

コンサル妻
なんかもう、3人で幸せになって欲しい…

4、憧れの宗谷名人との対局の結末は…?

主人公:桐山零の良き友人でもあり、良きライバルでもある「二海堂」。

二階堂がずっと憧れていた宗谷名人との対局が実現することに。

万全の状態で望む対局の勝敗はいかに…?

コンサル妻
「この人にあたる今日、一番のオレでいられてよかった」のセリフの破壊力たるや…
コンサル妻
東京事変の椎名林檎が、野球選手イチローをイメージして作詞した楽曲『スーパースター』を思い出してセンチな気分に…

5、感想まとめ

コンサル妻
13巻は心理描写が多くて、読んでいて心が締め付けられました…。次の巻でどうなるのか?今から続きが楽しみです。
コンサル妻
中途半端にコミックを購入していた気がするので、大人買いしたいなあ…

6、さいごに

いかがでしたでしょうか。

『ハチクロ』時代から羽海野チカ先生のファンでしたが、『3月のライオン』でさらに心理描写が響くようになったように感じます。

どの「作品も読んで損なし!」ですので、興味があればぜひ読んでみてくださいね。

コンサル妻。

最新刊はこちら

7、番外編:おすすめの漫画収納グッズ

ちなみに漫画収納用に購入した本棚はこちら

はじめ手でいけるだろうと舐めていたのですが、甘かった…

完全に電動ドライバー必要です

地震対策用の突っ張り棒も忘れずに!

価値観が変わる?!読んだら結婚したくなる漫画TOP2をご紹介します!

2017.09.23

アラサー女が22年前のマンガ「寄生獣」を読んだが超面白かったので、感想をまとめてみました。※ネタバレあり※

2017.09.11

北朝鮮からミサイルがバンバン打ちあがっている今、「デデデデ」は今世紀最高の社会風刺マンガになった※ネタバレ注意※

2017.08.12

sponsored link

この記事を書いている人

夫がコンサルというアイデンティティだけで生きています。元コンテンツマーケティング会社勤務。サブカル大好物です。アイドル/音楽/漫画の記事多め。プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です