『日ポン語ラップの美ー子ちゃん』に触発されたBABYMETALヲタの私が、何故かいまさら「フリースタイルダンジョン」について熱く語る

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

BABYMETALや漫画の記事が多いとおり、ヴィレッジヴァンガードに居がちな「サブカルミーハー女」を自称しています。

\ 最近購入した「美ー子ちゃん」と漢さんが表紙の「FRESTA(フリスタ) 」はこちら /

コンサル妻
改めて考えると、R-指定に凄い嫌われそうな人種だな…
ここからはコンサル妻が自由にフリースタイルラップについて語っていますので、ムッとしてしまう方は回れ右!でお願いします。

1、フリースタイルダンジョンとは

そんなミーハーな私がガチハマりした番組が「フリースタイルダンジョン」

今までアングラ感が強かったラップバトルを、なんと地上波で流してしまうという、かなり責めた番組です。

フリースタイル(即興)のラップバトルで、モンスターと呼ばれる7人の強豪ラッパーを勝ち抜き、賞金獲得することを目指す番組。
「ダンジョン」という番組名、プロの強豪ラッパーのことを「モンスター」と称していることなど、従来のMCバトルにRPG要素を取り入れたのが特徴。
メインであるバトルの他、番組後半にはゲストによるライブが毎週放送されている。
収録場所はクラブハウスとなっており、一般の観覧募集もしている。
バトルの歌詞は全て文字起こしされテロップを付けて放送されている。放送上不適切な内容が含まれる場合は該当箇所の音声がカットされ(バトルビートのみになる)字幕はコンプラという表示に差し替えられる。
出典:フリースタイルダンジョン

コンサル妻
相手を攻撃する言葉(=DIS)が基本的に過激なため、本来TVとの親和性が全く無いラップバトルを、放送できるように上手くテコ入れしたジブさんは本当に凄い…!

2、「フリースタイルダンジョン」はココが面白い!

2-1、圧倒的ライブ感

基本的にアイドル好きな私がハマった理由を考察してみましたがやはり、「圧倒的ライブ感」これに尽きます。

コンサル妻
どちらが勝つのか、バトルが終わるまで本当にわからないんですよね。ラップ歴が長いからといって勝てるわけではないんです。

ラップバトルは、「ビートアプローチ」や「韻の踏み方」「ウィットに富んだ言い回し」や「例え」「サンプリング」など、あらゆる手法で相手をフルボッコにします。

対戦カードやビートによっては、今まで想像もしなかった名バウト(=名試合)が生まれることも。

2-2、多種多様なラッパーたち

以下、敬称略で失礼します!

初期のフリースタイルダンジョンでは「R-指定 (Creepy Nuts)」をはじめ、「漢 a.k.a.GAMI」「サイプレス上野」「T-Pablow」「CHICO CARLITO」「DOTAMA」「般若」がモンスターとなって、挑戦者とラップバトルをしていきます。

「ラッパーって、みんな同じようなこと言ってるだけでしょう?」って思ったアナタ。

コンサル妻
全く違うんです!

「ラッパーそれぞれの得意/不得意が如実に表れるところ」が、フリースタイルバトルの面白いところ。

早口が得意な人もいれば、渋くノセるのが上手い人など、人によってスキルセットが全く異なります。

コンサル妻
ラスボス般若とバトルした「焚巻(たくまき)」は圧倒的に早口が得意でしたね。あのR-指定が焚巻(たくまき)の早口で圧されていたのが、とても印象に残っています。

2-3、バックグラウンドも勝敗の大きな要因になる?

また、ラッパーそれぞれが背負っているバックグラウンドも、ラップバトルにおいてはかなり重要になります。

ラップバトルで勝つために必要なことの一つとして「説得力」が挙げられるのですが、例えば「お坊ちゃま育ちのボンボンラッパー」が、

お坊ちゃまラッパー
臭い飯くってここまできた!

と言ったとしても、説得力が欠けてしまっているため、

コンサル妻
え、そうなの??

と、オーディエンス側に思われてしまう可能性があります。

ところが、川崎の元不良少年であることを公言しているT-Pablowが下記のように言うと、

これしかねぇ 成り上がり
わかる?犯罪歴 そんなん語ってねぇ
っていうか成り上がって何が悪い?
そういうとこから来た 地元レペゼン
地元の悪ガキ共にも夢を見せるぜ
出典:【フリースタイルダンジョン】T-PABLOW No.3

コンサル妻
おおーT-Pablow上手いこと言ってるな…!

と、共感を得られやすくなります。

コンサル妻
とはいえ、ワルじゃないと説得力がない訳ではありません。例えばDOTAMAさんの場合、お酒も飲まない、煙草も吸わない超健全ラッパーの立場から相手をDISることができるので、それはそれで説得力があります。

バトルにおいては、「誰が何をどういう風に言うか」を重要視されるといっても良いでしょう。

3、ニュースターもここから誕生?ティーンの間にも広がりをみせる「フリースタイルラップ」の魅力

全てのBAZOOKA!!! 高校生RAP選手権をチェックできていないため、偏りがありますが、中でも特に才能が光っていたラッパーを勝手にご紹介します。

3-1、MCニガリa.k.a 赤い稲妻

第6回BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権の優勝者である「MCニガリa.k.a 赤い稲妻」

コンサル妻
ニガリの強みはなんといっても「語彙力」と「的確なアンサー」。とても10代とは思えない、秀逸な切り替えしが得意なラッパーです。

今日はT-Pablow 前よりラップがほら 貧弱そう
出典:MC☆ニガリ vs T-pablow 【チャンプの戦い】

3-2、ちゃんみな

第9回BAZOOKA!!! 高校生RAP選手権のフィメール対決で強烈な個性を見せつけた、練馬のビヨンセ「ちゃんみな」

緊張しすぎて目泳いでるよ
私そういうの ちゃんと見てるよ
出典:【字幕付き】第9回高校生ラップ選手権 ちゃんみな vs Rei©hi 【1回戦 第3試合】レイチ Reichi #3

コンサル妻
「ちゃんと見てるよ」は、のちのちレイザーラモンRGやD.Oが使ったりするなどしてキラーワード化しました。

コンサル妻
楽曲のクオリティ高けぇ…

4、番外編

フリースタイルではないですが、個人的に面白いと思ったラップ音源をご紹介します。

4-1、オードリー若林vs春日

コンサル妻
5:24~の「スイッチをONに」冗談抜きで泣けます…。

4-2、明日花キララ

コンサル妻
明日花キララ、「恵比寿マスカッツ横丁! 」ではポンコツリーダーキャラなのに、なぜかラップだけ上手いんですよね。フリースタイルダンジョンの初代モンスターである漢さん作詞の曲もありますよ。

5、さいごに

愛が強すぎてなんだかまとまりのない文章になってしまいましたね…。

フリースタイルダンジョン、モンスターが変わってまた面白くなってきたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

では、今回は最後にCIMAの大好きなパンチラインを載せて、終わりとします。

コンサル妻
非合法も知らんのに 合法を語んな

SEE YOU!

コンサル妻。

「日ポン語ラップの美ー子ちゃん」が面白かったので、作品に出てくる「気になった楽曲」を集めてみました。

2017.10.15

sponsored link

この記事を書いている人

夫がコンサルというアイデンティティだけで生きています。元コンテンツマーケティング会社勤務。サブカル大好物です。アイドル/音楽/漫画の記事多め。プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です