【体験記】社内ニートはつらいよ!転職して社内ニートになった経緯と暇のつぶし方

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

表題の件ですが、ズバリ私のことですww

では、社内ニートになった経緯と共に、社内ニートになった場合の時間のつぶし方をご紹介します。

ギャグテイストで社内ニートの「あるある」を書いているので、斜め読み程度で参考にしていただければ幸いです。

1、社内ニートになった経緯


私の場合、前職は制作ディレクション(自分でもコーディングやデザインやるタイプの)でしたのでわりと毎日忙しく、事前に調整してやっと定時ダッシュができるような会社に勤めていました。

そんなわたしが今月転職で新しい会社に入ったところ、入社4日でまさかの部署がなくなることが決定ww

あぶれた私は、次の月から全く違う業種の部署に配属することになりました。

その間、つぶれる部署の仕事はすぐに完了となり、社内ニート状態に。

次の部署への移動まで5日間ほどありましたので、本当にやることがなく、絶望の「社内ニート生活」がスタートしました…。

2、転職先で社内ニートにならないために、気をつけること

2-1、欠員補助採用ではなく、事業拡大による増員採用は気をつけろ!

欠員補助採用だと誰かと入れ替わりで仕事を引き継ぐ場合が多いですよね。

この場合、前もって作業内容が決まっているため、社内ニートにはなりにくいかと思います。

今回の私は事業拡大による増員採用だったため、作業者は必要最低限、足りている状態です。

増員採用で入社した場合、「事業部の経営が上手くいっていない場合」や「そもそも事業部がなくなる場合」に社内ニートになる可能性は、欠員補助採用よりも多いのではないかと考えます。

ですので、社内ニートになるのだけはどうしても避けたい!という方は、「増員採用」ではなく、「欠員補助採用」で転職先を探してみましょう。

「増員採用」か「欠員補助」での採用かの見極め方ですが、面接の際に「今回求人を出されている理由は欠員補助という認識であっていますでしょうか?」といった形で確認しても問題ないかと思います。

絶対に面接官に悪い印象を与えないという保証はありませんので、ご自身の判断で聞いてくださいね。

私のように、入ってから「社内ニート」になることを防ぐためにも、自己防衛はしっかりしておきましょう。

3、社内ニートの快適な過ごし方について

3-1、社内ニートの快適な過ごし方1


ということで、めでたく社内ニートが形成された訳ですが、何もすることはありませんよね。

とりあえず、一度は上司に「今日、何かすることはありますか?」と聞いてみましょう。

自分の勝手な判断ですることがないと思っていても、実は声をかけると作業を渡してもらえるケースもあります。

この際に何か作業があれば、ラッキーですね。

もらった作業に早速取り掛かりましょう!

3-2、社内ニートの快適な過ごし方2


先ほどの上司の回答が「何もないよ」や「この資料読んでおいて」の場合、もう社内ニートへの片鱗が見えてきますね。

資料を読み終わったあとに「何かすることはありますか?」と聞いても、作業がない可能性が高いでしょう。

この場合、時間をかけて資料を読んだあと、自分なりにエクセルかワードなどで考察をまとめておきましょう。

ふいにトラップで「資料の内容をまとめたものの提出」を求められる場合があります。

先に言っておいて欲しいですけどね。

3-3、社内ニートの快適な過ごし方3

先ほどの「何もないよ」と「この資料を読んでおいて」のタスクが完了したら、ようこそ「社内ニート」の世界へ。

早速グーグルを開き「社内ニート 転職」と検索してみましょう。

すると、Yahoo!知恵袋に思いのほかたくさんの同士がいることがわかると思います。

大丈夫、「社内ニート」になっているのはあなた一人だけではありません。

ここで一旦呼吸を整え、ポケットにスマホを入れてお手洗いに行きましょう。

どうせ席に戻ってもやることは無いのですから、Twitterや好きなアイドルのブログを読んで、お手洗いでのんびり過ごしましょう。

この時、間違ってもフェイスブックを開いてはいけませんよ。

自分の不甲斐なさに悲しくなってきますから。

3-4、社内ニートの快適な過ごし方4


お手洗いでTwitterやブログを読んで元気がでましたか?

でも相変わらずやることはありませんね。

とりあえず、何かをやっている風に見せるため、会社のコーポレートサイトや事業部の媒体資料がある場合は開いておきましょう。

ついでにサイボウズでスケジュールを開いておくのも効果的ですね。

それでは、会社のコーポレートサイト や 媒体資料 を穴が空くまで閲覧しましょう。

…どうでしょうか。

そろそろ、本当にやることが尽きてきましたね。次で終わりにします。

3-5、社内ニートの快適な過ごし方5


1~4をスムーズに繰り返す。それだけです。

「なんでこんなことに…」「こんな会社に入らなければ…」などと、どうしようもないことを考えてはいけません。

どうしてもこの「社内ニート生活」から抜け出したい場合は、「部署異動」か「転職」を検討しましょう。

ちなみにわたしが現在実際に使っている転職エージェントはこの3つです。

  • パソナキャリア
  • リクルートキャリア
  • GEEKLY(ギークリー)

転職エージェントに登録すると、色々な求人が出ていることがわかります。

登録して求人を眺めるだけでも、結構気晴らしになりますよ。

もちろん、良い条件の求人があれば、応募してみましょう。

「社内ニート」から抜け出す第一歩です。

4、さいごに

いかがでしたでしょうか。

激務の人に羨ましがられる「社内ニート」ですが、「社内ニート」の本人は結構悩んでいる人が多いのではないでしょうか…?

そんな私と同じ「社内ニート」の方に、「悩んでいるのはあなただけではないよ!」ということがこの記事で伝われば、幸いです。

早く転職したい…。

コンサル妻。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です