【ネタバレあり】夫よ、離婚されたくないならこれを読め!『離婚してもいいですか?』1~5話のレビューと感想

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

『離婚してもいいですか?』1~5話を読みましたので、レビューします!

スマートニュースで流れていた今作品の著者「野原 広子」先生の『ママ友がこわい』を知っていたので、この作品もとても興味がありました。

「離婚したい方」「離婚したくない方」「離婚されそうな方」、どの方にも読んでいただきたい作品です!

1、『離婚してもいいですか?』1~5話のあらすじ

ここからはネタバレを含みます

34歳で二児の母「志保」と、子供っぽく自己中心的な夫(36歳)の日常を描く。

志保は二児の母でありながら、家事・育児をほぼ一任している状態。

志保は何度も夫に「靴下を洗濯機に入れる時、伸ばしてほしい!」と訴えるが、夫は「仕事を頑張っている」を免罪符に取り合おうとしない。

そんな夫に沸々と悲しみを溜め、志保の脳裏に「離婚」の二文字がよぎるが、、、

2、『離婚してもいいですか?』1~5話の感想

柔らかなタッチの画風なのに、描いている離婚前の夫婦描写はどこまでもリアル。

また、志保がスーパーのパート仲間に夫の愚痴を聞いてもらい、客観的にはセーフな夫なんだろう…と消化している様子に共感せざるを得ない。

同じ注意でも、子供に対してと夫に対してでは大きく違うこと、36歳の二児の夫に注意をしなければいけない情けなさは、妻や母親にしかわからないのではないでしょうか。

ちょっと止まらずに6話も読みたいのですが、今回はこの辺りで!

志保は「離婚」するのでしょうか…。

>>『離婚してもいいですか?』を1,080円 (税込)で読む

コンサル妻。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です