【ネタバレあり】悪魔との契約内容は「濃厚なキス」だった…?!『この愛は、異端。』1~7話 / 1巻のレビューと感想

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

『この愛は、異端。』1~7話 / 1巻を読んだのでレビューします!

「濃厚なキス」で悪魔と契約を結んだ希有な少女の運命とは…?

エロ描写かなりありますので、ドハマり注意ですよ~!

>>『この愛は、異端。』8~9話 / 2巻のレビューはこちら

1、『この愛は、異端。 』とは

『この愛は、異端。 』は、「森山 絵凪(もりやま えな)」先生の作品。

コンサル妻
最近だと『モンテ・クリスト伯爵』がディーン・フジオカ氏主演でドラマになっていましたね。

天涯孤独の少女・淑乃は古本屋で見つけた1冊の本から悪魔を呼び出してしまう。呼び出した悪魔・べリアルが提案した契約は、一つ対価を支払えば、一つ願い事を叶えてもらえるが、淑乃が死ぬまでずっと悪魔と共に過ごすという物で…。
出典:この愛は、異端。 1|白泉社

2、『この愛は、異端。 』1~7話 / 1巻のあらすじ

ここからはネタバレを含みます
コミックサイト記載の話数のため、単行本などの話数とは異なる場合がございます。

中学1年生の主人公「よしの」は両親の事故死により、天涯孤独の身となってしまう。

親戚の家を転々とする日が続くが、その容姿端麗さにより男性を惑わしてしまい、心休まる時がなかった。

そんなとき、限界が訪れた彼女が本屋で「悪魔との契約方法」の本を見つけてしまう。

そして考えた末、悪魔と契約することにしたよしの。

呼び出した悪魔は元堕天使で「ベリアル」と名乗る。(呼びにくいのでバアルと呼ばれることになるが…)

長身メガネの風貌に偽装し、よしのと生活を共にすることになるが、ある「契約」をよしのと結んでいて…。

3、『この愛は、異端。』1~7話 / 1巻の感想

面白い!テンポも良いのでサクサク読んでしまいました…!

結構エロ描写激しいので、外では読めませんけどねw

「悪魔×美少女」というよくあるシチュエーションではあるのですが、「本当の家族が欲しい少女×愛を知らない悪魔」視点もあるので、結構奥深いですよ。

しかもそこに「旭(あさひ)」くんというよしのの大学の男の子が絡んでくるので、どうなるんだろう…?

まだまだベリアルは何かよしのに隠していそうなところ、今後の展開が気になります…!

早く3巻発売されてほしい。

詳しい内容が気になった方はこちらからどうぞ。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です