『この愛は、異端。』10話 / 2巻のレビューと感想 / 学際で旭君とよしのが急接近?!気になるバアルの様子は…?【ネタバレあり】

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

久しぶりに読んだせいで、もはやどこまで読んだかわからなくなってきた『この愛は、異端。』

今回は「よしのの学園祭描写」「旭君VSバアル」など見どころ満載ですよ。

バアルのよしのへの執着心もますます強くなってきたようで…?

『この愛は、異端。』10話 / 2巻のレビュー始まります!

>>『この愛は、異端。 』1~7話 / 1巻のレビューはこちら

>>『この愛は、異端。 』8~9話 / 2巻のレビューはこちら

1、前話『この愛は、異端。 』8~9話 / 2巻の振り返り

よしのと海に来た「バアル」。
よしのを楽しませるつもりだったのに、バアルはつい、いつもの色気でお姉さん方を惹きつけてしまう。
その様子を見ていたよしのと口論になり、バアルはよしのから「何一つ楽しくない!」と言われてしまう。
「パパとママと来ていた時は楽しかったのに」と嘆くよしの。
その言葉にバアルが「肉体と魂を捧げることさえすれば、両親を生き返らせることができる」と返す。
よしのの答えは…。
出典:【ネタバレあり】よしのを気にかけるバアルの本当の「願い」とは…?『この愛は、異端。』8~9話 / 2巻のレビューと感想

2、『この愛は、異端。 』10話 / 2巻のあらすじ

ここからはネタバレを含みます
コミックサイト記載の話数のため、単行本などの話数とは異なる場合がございます。

今日はよしのの大学の芸術祭

料理ができないよしのはホールを担当している様子。

しかし、よりによって隣の模擬店はよしののことを何かと気にする旭(あさひ)君のいるデザイン科だった。

旭君が以前よりも顔色が悪そうなことを気にするよしの。

そこに(タイミング良く…?)狙ったように登場したバアル。

旭君の前で、いつも以上によしのと密着します。

バアルが一旦去り、同級生のあいりと話をするよしの。

あいりは「今まで迷惑をかけたからこそ、早く自立したい。」とよしのに漏らします。

その時、戻ってきたバアル。

あいりの父親とポツポツと話をします。

「いつかはちゃんと送り出してやらなきゃならないんでしょうね…」と。

その言葉を聞いたバアルは「一言一言がとてつもなく胸糞が悪い」と機嫌が悪くなります。

話がひととおり終わり、よしのを引っ張って帰ろうとするバアル。

そこに旭君が現れ「俺に話したいことがあったら、話を聞くから」とよしのに声をかけます。

その後、公園で一杯ひっかけるよしの。

先ほど同級生のあいりに触発されたよしのは「私も自分のことくらい一人でできなくちゃ」とバアルに話します。

しかしバアルは「私の元から離れるなど絶対に許さん…」とよしのに突然キスをして…。

3、『この愛は、異端。』10話 / 2巻の感想

今回はよしのの学際話でした。

てか、旭君いい人ですよね。

バアルが居なければ、確実によしのとカップルになっていたのに…w

あからさまに旭君とよしのの仲を裂こうとするバアル、大人げないw

バアルって父親っぽいですが、よしのはちゃんと自分のものでいて欲しいんですかね。

あいりちゃんの自立話に過剰反応していました。

熟成された女性にはなって欲しいけど、自分の元から離れるのは許さん…!ってところですかね。

その割には対価と称して無茶苦茶にしていますが…笑

こんなに誰かに執着されてみたいものです…(遠い目)

それにしても旭君の命が危うい…!

最後、バアルにむちゃくちゃ睨まれてましたが、、、

バアルをそんなに刺激しないほうが良いのでは?!とハラハラしてしまいます…。

そして一番最後、対価が激しくなって終わってしまいましたが、今後どうなってしまうのでしょうか?

よしの、大丈夫か?!

色々と続きが気になります!

無料で試し読みしたい方はこちらからどうぞ。

【ネタバレあり】よしのを気にかけるバアルの本当の「願い」とは…?『この愛は、異端。』8~9話 / 2巻のレビューと感想

2018.09.21

【ネタバレあり】悪魔との契約内容は「濃厚なキス」だった…?!『この愛は、異端。』1~7話 / 1巻のレビューと感想

2018.09.16

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です