【ネタバレあり】慎二が凪に会いにきた!?『凪のお暇(いとま)』7~12話/2巻のレビューと感想

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

以前、ご紹介した『凪のお暇(いとま)』7~12話/2巻をゲットしたので、レビューします!

>>『凪のお暇』1巻のレビューはこちら

>>『凪のお暇』3巻のレビューはこちら

ここからは、ネタバレを含みますのでご注意ください!

1、『凪のお暇(いとま)』7~12話/2巻の見どころ

1-1、慎二の回想シーンからはじまる

同僚の前で凪のことを「体の相性が良いだけ」と吐き捨てていた慎二ですが、凪がいなくなってから凪のことばかり思い出します。

昔から空気を読むことが上手く、人に好かれやすい慎二は、必死に空気を読もうとする凪が羨ましいようで…。

また、慎二は凪のことが好きすぎてキツく当たってしまう様子。

あまのじゃくな慎二ですが、凪が自分から離れて楽しく暮らしていることが面白くないようです。

そんな慎二が凪の好物を持って、凪の元に訪ねて来ます。

コンサル妻
慎二も凪のことが好きなら、きちんと言葉にして伝えればいいのに~!とモヤモヤします!

1-2、達観しすぎなうららちゃんが可愛い

パリピのゴンさんとは逆となりの「うららちゃん」と仲良くなった凪。

うららちゃんは凪の犬のようなふわふわの髪の毛を触るのが好きなようで、すっかり凪と親友のようになりました。

そんなうららちゃんは凪と同じ母子家庭で、金銭的に他のお友達とは少し格差があるようで…。

凪と同じく空気を読んで、自分を押し殺しているうららちゃん。

そんなうららちゃんの本音を凪はしっかり受け止めます。

その後、うららちゃんのお母さんとも仲良くなり、さらに新天地でのアパート暮らしが楽しくなることに。

コンサル妻
うららちゃんのお母さんが大きいマシーンを動かしている描写が最高にスカッとします!

1-3、ゴンさんの目の前で慎二とキス!?

凪に会いに来た慎二。

ひょんなことから、慎二と凪と凪のアパートのみんなでトランプをすることに。

相変わらず凪をイジメることで場を支配する慎二に対し、ゴンさんは持ち前の楽観さで凪を前向きにさせます。

そんな二人の様子を目の前で見ていた慎二はゴンさんに嫉妬して、帰り際に凪とキスしようとするけど…?

コンサル妻
慎二は相変わらず凪の気持ちだけは読むのが下手で、イライラします…!ちゃんとしようよ!

2、さいごに

いかがでしたでしょうか。

「慎二の本当の気持ち」や「うららちゃんのバックボーン」など、今回は盛りだくさんの内容でしたね。

2巻を読んでいると、凪はなんやかんや慎二のことが好きだったのかな…?

お互い、ストレートに気持ちを伝え合えば、かなり良いパートナーで居られたような気がします。

慎二の「身体の相性だけ」発言も、男性トークではありがちですし…。

まあ冗談でも言われたらショックですけどねw

長々と感想を書いてきましたが、内容が気になった方はこちらからどうぞ。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です