『3月のライオン』14巻のレビューと感想 /揺れ動く恋心の行く末は…?そして”ハチクロ”メンバーがまさかの登場…?!【ネタバレあり】

sponsored link

どうもこんばんは、コンサル妻です。

待ちに待ったマンガをGETしましたよ『3月のライオン』14巻!!

今回は将棋がメインというより、サイドストーリーが多めの巻になっております。

コンサル妻
相変わらず、羽海野チカ先生の描く猫はとってもかわE。

それではさっそくご紹介していきます!

>>『3月のライオン』13巻のレビューはこちら

1、『3月のライオン』14巻の見どころ&胸キュンポイント

ここからはネタバレを含みます

1-1、桐山君のイケメン化?!

島田八段と林田先生をあかりさんと近づけようと画策する零。

みんなでハゼ釣りをしようと計画する。

一方で零もひなちゃんへの想いを少しづつ募らせていて…?


©3月のライオン(白泉社〈ヤングアニマル〉)

コンサル妻
いや、この零くんかっこ良すぎませんか?!恋人通り越してもはや父親のような優しい目がたまらんです…!!

1-2、一方でひなたの気持ちは…

自分の本当の気持ちに気づきながらも、“もしかしたら、父親のようにどこかに行ってしまうかもしれない”という疑念を捨てきれないひなた。

零を大切に想うあまり、姉であるあかりと零が一緒になることを願うが…?


©3月のライオン(白泉社〈ヤングアニマル〉)

コンサル妻
え、ちょ、ひなちゃん!!零くんはぜったいにひなちゃんのこと大事にしてくれるって(切実)

1-3、あかりさんを巡る戦いに進展が…?!

あかりさんのことが気になっている「島田八段」と「林田先生」

零の企画したハゼ釣りによって、なぜか距離を縮めた2人。

意を決した林田先生は島田八段に「あかりさんのことをどう思っていますか?」と聞くが…?


©3月のライオン(白泉社〈ヤングアニマル〉)

コンサル妻
この後の島田八段の返答に棋士としての生き様のようなものを感じた気がします。大切な人を大切にすることって、想像よりも大変なことかもしれません。

2、『3月のライオン』14巻の感想&まとめ / 15巻は?

『3月のライオン』14巻が出てしんみり感じましたが、物語の主人公達と一緒に自分もゆっくりですが時間が経過していっているんですね。

おじいちゃんがいつまでも同じでいられないことを察知して、動いているあかりさんとひなちゃんに、忘れかけていた時間の経過を思い出させられました。

(途中、試合の描写で出てくる『ハチクロ』メンバーにも…!!10年以上前の作品なんて信じられない…)

この作品のほんわかした雰囲気がとても好きなので、ずーっとこのままでいて欲しいですが、それは難しいですもんね。

いつかバラバラになってしまう家族の尊さみたいなものを、改めて突きつけられた気がします。

コンサル妻
そして、ひなちゃんと零くんですよ!!問題は!!

ひなちゃんは父親のことがトラウマなのか、零がよっぽど大事なのか、自分ではなくあかりさんと零がくっつくことを望んでいるようです、、、

自分では零のことを幸せにすることができないと心のどこかで思っているのかもしれませんね。

う~ん、切なすぎる恋心…零は芯が通っているので、そんなひなちゃんごと大事にしてくれそうですが、今後の展開に期待しましょう!

コンサル妻
なんか、みんな幸せになって欲しい。おじいちゃんも永遠に生き続けて欲しいけど…。

それでは、また15巻でお会いしましょう!

コンサル妻。

『3月のライオン』を1~14巻までまとめ読みしたい方はこちら

心がジリジリする…!『3月のライオン』13巻、読了レポ!【ネタバレあり】

2017.10.01

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です